Interview


Hideshi Ueki / Rachel Mother Goose


 名古屋屈指のヘヴィメタルバンド、「Rachel Mother Goose」のギタリスト。
 Rachel Mother Gooseは全国各地で活躍するネオクラシカルヘヴィメタルバンドです。
 BEFのエフェクター"Dynamic Drive"、"Blue Marine"を使用しステージでもスタジオでもテクニカルかつメロディアスな最高の演奏を繰り広げています。
 BEFについて語って頂きました。











-UEKI HIDESHIの使用機材-
・Dynamic Drive
・2 Loop Box
・Blue Marine
・Drive On Drive (Prot Type)





- Dynamic Driveについて -

 元々使っていたエフェクターのファズ感にもっとドライヴ感を足したブースターが市場に無い為、BEFに注文した所、思い通りのブースターを手にいれる事が出来た。
 現在メインで使用している60年代イギリス製アンプの素のサウンドをきれいにブースト出来るし、リフ、ソロ等、どちらでも使いやすい。
 なんと言っても素直にブーストする魅力さと、ワイドレンジに渡ってクセの無いサウンドは最大の長所である。
 ブースターに関わらず全てのエフェクターに大切なのは、原音の忠実さであり、本当に妥協できない。
 ここまでバランスの良いエフェクターを製作してくれるBEFは確かに本物だと実感するところである。






- Blue Marineについて -

 やはり思うところは、昔ながらにこだわって直列でつないで空間系を使われている方へ言いたいのは、現在市販されているコーラス、フェイザー等に物足りなさを感じないだろうか?と言うことである。
 BEFのBlue Marine(フェイザー)は18Ⅴ駆動である。
 元々使用していたフェイザー(オレンジのアレ)は、音の輪郭に対して、薄さを感じた。
 Blue Marineはドライブさせても輪郭を失わない、はっきりしたフェイジングを体感出来る、稀にみる逸品です。
 とにかく”ハッキリクッキリ”がBEFの一番の特徴である。

 今一番信頼の置けるメーカーです。




-Rachel Mother Goose-

 全国各地で活躍する名古屋屈指のネオクラシカルヘヴィメタルバンド。
 ギタリストUEKI HIDESHIを中心に結成され、数々のメンバーチェンジを繰り返し、現在最高のメンバーによって繰り広げられるステージパフォーマンスは圧巻。
 メンバー全員の高度なテクニックに裏打ちされたメロディックで叙情性に満ちた音楽世界、ヘヴィメタルの枠に捕らわれない幅広い音楽性が最大の魅力。

Rachel Mother Goose ホームページ


Contact


メールでのお問い合わせ